障害者家庭で育った私

5+

こころ豊かに暮らすには 時には色々考える 脳海綿状血管腫って何? 障害者家庭で育った私

宗教と闘病生活の適切な距離感について

2020/3/28  

この記事は殴り書きだ。そのうち消すかもしれない。 あるいは後日、もう少し毒気を抜いた表現に書き換えるかもしれない。 特定の宗教団体にケチをつけたいわけじゃない。 自分の大事な人がもしその宗教を信仰して ...

こころ豊かに暮らすには 時には色々考える 障害者家庭で育った私

【お礼】私が言葉を忘れる前に伝えたい。13歳のあなたを通して見た世界は美しかった

2020/3/23  

障害者家庭で生まれ育った私の人生にも、ときどき幸せな時が流れていった。   脳海綿状血管腫をたくさん持つ私は、いつか突然 言葉を失ってしまうかもしれない。身体が動かなくなるかもしれない。命を ...

スポンサーリンク

こころ豊かに暮らすには 時には色々考える 障害者家庭で育った私

影の中から仰ぎ見る光

2020/3/16  

生意気で扱いにくい少女 小学生の頃の私は無邪気さに欠け、大人が求める子供らしさや素直さを全く持ち合わせていなかった。 障害者家庭の娘として暮らしてる私は、リアルタイムで世間の理不尽さや冷たさを沢山経験 ...

障害者家庭で育った私

父の闘病記は人の命を救い、高校生の進路選択に影響を与えた

2020/3/8  

  このブログの柱の1つは障害を持って生き抜いた家族の記録。無名のまま生きて死んでいった3人と、まだ闘病中の2人の記録だ。みんな脳血管奇形からの出血で健康を奪われた。 私はこれまで病気の話を ...

障害者家庭で育った私

歩行訓練をしている障害者の父を見て これでグレたらアホやと思った

2020/3/8  

  ひとつ前の記事に、父がぎこちなく歩いている様子をまねして、笑いをとっていた男子に一撃を加えた話を書いた。 なぜあんなことをしたのか。それは、以下のような記憶があったからだ。 能動静脈奇形 ...

スポンサーリンク

障害者家庭で育った私

障害者の父をバカにした奴に フルスイングビンタをカマした件について

2020/3/8  

小学校入学からしばらくが経った。 小学1年生のひとり暮らし  私の父は脳血管手術を受け、その後遺症で左半身が不自由になった。今にも倒れそうなよろよろ歩きをしてる。必死にリハビリをしたというのにそれ以上 ...

障害者家庭で育った私

小学1年生のひとり暮らし 

2020/3/8  

段々と空気が柔らかくあたたかくなってきた。もう3月だ。私と弟は別々の家に預けられて冬を越した。けれど、まだ父は病院の中。母はその付き添いで病院にずっと泊まっている。退院はまだまだ先になりそうだった。 ...

時には色々考える 障害者家庭で育った私

泣いて苦しんでた あの頃の自分を 優しくなでてやりませんか

2020/3/12  

誕生日がくる数十分前、私はたまたま道頓堀川のほとりに座ってた。 ついさっきまで、近くの沖縄料理店でお笑いライブを見てた。ぼっち参戦というやつだ。沖縄からネタをひっさけげ大阪のお笑いに挑みにきた、3人の ...

スポンサーリンク

障害者家庭で育った私

麻痺した身体で生きている父を 世間は容赦なく笑いモノにした

2020/3/8  

小学校入学のために預け先から家に戻ってきた頃、既に父の脳外科手術の噂は近所に広まりつつあった。 小学1年生のひとり暮らし  いつものように近所の友達の家に行き、玄関先で「○○ちゃ~ん、あーそーぼー♪」 ...

障害者家庭で育った私

空腹の少女に パンの耳をくれた ホームレスのおっちゃん

2020/3/8  

父は脳血管手術。母はその付添い。私と弟は親戚の家へ。 しかし、とあることがきっかけになり、私だけがその家から出ていかねばならなくなった。 脳動静脈奇形の手術を受ける父 知り合いの家をたらいまわしになる ...

Copyright© *ちーでる* は脳海綿状血管腫と共に半世紀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.