いいじゃない 変わった人だと言われても

Samarka | サマルカの たわごと

未分類

自己紹介です!

更新日:

0

●こんなことを書いていくブログです●

     

45キロ痩せたダイエット法

超貧乏からの成り上がり

35年間のひとり旅記録

身体障害者との暮らし

飼い猫・ベランダ菜園・買い物の楽しさ

 

不定期更新ではありますが、お楽しみいただけたら嬉しいです。「45キロ!どんだけデブだったんだよこいつw」「へえー、こんな人生もあるんだねえ」と、かるーい気持ちで読んでくださいね!

 

これを書いている私について

このブログは、環境と健康に恵まれなかった青年が、がむしゃらに人生のガケを登り続けた記録でもあります。その青年というのは私の父です。人生の半分を身体障害者として生き、そして短い生涯を遂げました。

父が障害者になった時の私は6歳。しっかり当時の記憶が残っている年齢です。エネルギッシュに働いていた姿を覚えています。そして、半身不随になってしまった後の痛々しい姿。そこから必死にリハビリをし、障害にあわせて改造した小さな車に乗り、また仕事に行けるようになるまでの努力のすさまじさ。私は全部覚えています。

 

父の背中から私は本当にたくさんのことを学びました。親の背中を見て育つ、という言葉がありますが、まさにそうだった。人生という山から突き落とされたあと、人はどう生きていけばいいのか。どんなふうに人生の中から楽しみを見つけて生きていけばいいのか。全部父の背中で学びました。私も父と同じように生きていきたいと思っています。

 

山から突き落とされたら登ればいいんです。転んでしまったら立ち上がればいい。石でも砂でもいいから何かつかんで立てばいい。わんわん泣いて、誰かが助け起こしてくれるのを待つのは嫌いです。

今いる場所が暗くて狭いんだったら、光ある場所に向かって歩けばいいじゃないですか。幸せに恵まれない可哀想な自分を、一生そのままにしておくつもりですか。私は嫌ですね、そんな人生は。

それから。「普通」と呼ばれて喜んでちゃダメです。世間の目なんかも気にしちゃダメ。人真似をしても幸せにはなれませんよ。

世間の常識とあなたの幸せ、一体どっちが大切ですか。世間なんていう無責任なものさしで、人の幸せは測れません。あなたの心の中に自分なりのものさしを作ること。幸せになりたかったらそうしてください。

自分の幸せがあると信じた方向に向かって歩けばいい。世間の常識とぶつかったらスルっとかわせばいい。「変わった人だねw」と笑う人がいたら勝手に笑わせとけばいいんですよ。

全部父が教えてくれたことです。

父が亡くなってもう随分ながい時間が経ちました。でも、父の心意気は私の心にしっかり受け継がれている気がします。

このブログの中にも時々、生前の父の話が出てくるだろうと思います。

0
  • この記事を書いた人

Samarka | サマルカ

18歳からはじめた海外ひとり旅・45キロやせたダイエット・障害者の両親との暮らし・いまの穏やかな暮らし。半世紀生きてきた私の体験が、どなたかのお役に立てば嬉しいです。割引シールとお笑いが好きな関西人です。 詳しい自己紹介ページもあります!パソコンは画面一番上から、スマホは三のマークをタップすると出てきます。

-未分類

Copyright© Samarka | サマルカの たわごと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.