いいじゃない 変わった人だと言われても

Samarka | サマルカの たわごと

2+

●はじめまして●

こんにちは!Samarka(サマルカ)という名前でブログを書いています。今まで旅した中で、私がいちばん好きになったサマルカンドという街にちなんでつけました。

 

このブログには、両親が身体障害者になってしまった少女が出てきます。障害者家庭の貧乏娘に転落する前は、うやうやしく「お嬢様」と呼ばれていた少女です。

病気というのは残酷なものですね。本人はもとより、子供の人生も簡単にねじ伏せていきます。いったん人生のガケを転げ落ちたら、世間は容赦なく弱者を踏みつけにくるものです。たとえそれが幼な子であっても。やさしい人たちばかりじゃないんですよね。

 

「踏みつけられたくない。安全な場所まで戻りたい」

その一心でガケの岩肌に手をかけて少女は登る。登り続ける。

やっと登り切った!と喜んだ矢先にまた落とされる。そしてまた登る。

 

こんなことを何度繰り返しただろう。

 

これは私の人生の記録です

 

自分で言うのはヘンですが、普通に生きていたら経験せずに済んだことがたくさんありました。

 

でも、楽しいことも嬉しいこともたくさんありましたよ!

 

色々あった分、なんでもないことがとても楽しかったり嬉しかったりしたかもしれません。そう考えたら、つらかった経験もムダにはなりませんね(笑)

 

 

このブログを書くことで、私は人生の棚おろしをしようと思います。これを書いている時点で私は52歳。約半世紀ですよ(笑)そろそろ人生を振り返り、整理し、これからの人生に備えたい。そんな気持ちになりました。

 

ジャンルは色々ですが、どなたかのお役に立ったり、心のなぐさめになったり、共感できるものがあったら嬉しいです。

 

人生の棚おろしというのは、家の片付けに似ています。

いらないものはどれか、足りないものは何か、大切に残したいものは何か。それを確認する作業です。そのためには、いま家の中にあるものを外に出す必要があります。押入れの奥に隠しているものも含めて全部。

だから、この棚おろしブログには色んなことがでてきます。なんせ半世紀分ですからね(笑)

 

こんなことを書こうと思っています

親が次々と身体の自由を奪われていったこと。

知人の家をたらいまわしになっていた時のこと。

人並みの生活がしたくて必死に勉強したこと。

海外をひとりで放浪した18歳からのはなし。

そして

やっと手に入れたおだやかな毎日のこと。

ダイエットで45キロやせた秘訣も書こうと思ってます。

50歳から1年半で達成しました。なんとかなるもんですね。

挑戦に年齢は関係ないのかもしれません。

 

 

 

このブログは不定期更新です

棚おろしには時間が掛かるものです(笑)だからこのブログは不定期更新になると思います。ただ過去を振り返るだけじゃなく、今のこと・将来のことを色々書いていきたいと思うので、なおさら。

 

それでも読んでくださる方がいたら。

このブログには、更新をメールでお届けするシステムが備わっています。パソコンだと記事の右上。スマホだと記事の一番下あたりにある欄に、あなたのメルアドを入力いただくとよいようです。

当然のことですが、メルアド情報は厳格に管理します。ご安心ください!

 

まだ始めたばかりのブログなので記事数は少ないんですが、下書きは結構たまってきました。推敲して少しずつupしたいと思っています。また画面上でお会いできることを楽しみにしています!

2+

更新日:

NEW ENTRY

障害者の娘として生きた半世紀

【弔辞】私の将来をひらいて下さった先生に この記事を捧ぐ

2018/11/16  

いいね! 3+ その方は、本当の意味で私の恩師だった。お亡くなりになったという一報に接し、この記事を一気に打とうと思う。   ******************** 高校2年生の夏。進路に ...

ダイエット

45キロ減に成功した元巨デブ直伝!お金も貯まるダイエット③

2018/11/15  

いいね! 1+   私が本当にやせたのか 証拠を貼っておきましょう 「この人、偉そうに色々言ってたけどさ。本当にやせたの?しかも45キロ。嘘に決まってるw」「脂肪吸引とか胃が小さくなる手術で ...

ダイエット

45キロ減に成功した元巨デブ直伝!お金も貯まるダイエット②

2018/11/15  

いいね! 1+ キツいこと書きますよ。いつまでそんなことをやってる積りですか? 嫌なことがあったらとりあえず食料品売り場。 嬉しいことがあってもとにかく食料品売り場。   季節の変わり目には ...

生き抜け! 障害者の娘として生きた半世紀

お嬢様と呼ばれた娘が貧乏少女に転落するまで

2018/11/15  

いいね! 1+ ●かつて私はお嬢様だった● 鮮明に覚えていることを2つ書いてみようと思う。 父は私をよく寿司屋に連れていってくれた。当時は回転ずしなどない。職人さんが客の注文を聞いてから握る、いわゆる ...

生き抜け!

愛を求める小さな命

いいね! 2+   ●環境へ必死に適応する 幼い子供のけなげな悲しさ● 乳幼児ほど理不尽な立場はない。どれほど悲しい環境に置かれていても、自分の力で逃げだすことができないからだ。 これから書 ...

Copyright© Samarka | サマルカの たわごと , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.