50歳からのダイエット

50歳の巨デブが45kgダイエットに成功するまで【第4講】だらしない・情けない自分を叱ろう

かつての私をいくつか論破してみましょう

食べ物編

ダイエットに優しい言葉は禁物です。かつての自分に向けて、容赦なくいきますよ。

食べること以外に楽しみないの?むさぼり食ってる姿ってウケるんですけど。何日ごはんを食べてなかったんですか?みたいなw 頑張ったからごほうび?1個にしろダイエッターのくせに。ていうか、ごほうび=食べ物っていう時点でデブまっしぐらでしょ。

食べ残しがもったいないって?残ったものを使って次のおかずを作ればいいだけじゃん。出されたものを全部食べないと親が怒る?小さい子供ならともかくさ、あなた今、歳いくつ?冷静に説得してもダメだというなら、頑として食べ残せばいい。口をこじ開けてでも食わせようとはしないでしょ、あなたが大人なんだったら。色々家庭事情はあると思うけど、自分の内臓や関節を犠牲にしてまで食べていいものなんてないんだよ。これだけは覚えておいて。

水を飲んでるだけなのに太るなんてありえないから。気づいてないだけ。あなたはずーっと何か食べてるの。だからご飯を減らしても痩せないの。太りやすい体質だって自分で分かってるなら、どうして体質にあった食事を心がけようとしないのか意味不明。遺伝子のせいにして逃げてんじゃないの?よく言うじゃない、一日に食べた物を全部ノートに書きなさいって。

運動編

斜めに構えて評論すれば自分の弱さを見つめずにすむよね?登り棒に登れない言い訳するのがカッコ悪い、跳び箱を飛び越えられないから箱の上に座った形で止まってるだけ。あれは椅子じゃねえの。あなたが勝手に椅子化させてるだけ。

運動してるところを見られるのが恥ずかしい?読んでるこっちの方が恥ずかしいわ。というかね。その身体で生きてる方が恥ずかしいって気づかないとダメじゃん。体型で笑いをとるってのは、自分の自尊心を笑いと交換して、自分の価値をおとしめてるだけ。友だちや同僚と楽しく過ごす術(すべ)は他にないの?

山登りをしてる人は、身体を動かすことだけじゃなくて、山に登らないと分からない・見られない素晴らしいものを知ってるの。ただ登って降りてきてるだけじゃないの。楽しみも知らないで、運動を趣味にしてる人を批判しちゃダメでしょ

生活習慣・健康編

もはやパソコンとかベッドの部品化しちゃってんじゃない?w たまには立ちあがって動きなさい。ゴミはマメに捨てなってば。ゴミ箱までどんだけ距離があるのあなたの家。まさかもう家の中、けもの道しか残ってないゴミ屋敷化してたり?身体が不自由な人なら仕方ないかもしれないけどさ、身体が動くのならゴミぐらい捨てろ。扇風機を片付けたのは何年前よ?夏物の服と冬物の服が、あの辺で山を作ってるよ。あれ、どうしたいの?

せっかく「身体に気をつけないとヤバいっすよ」って教えてくれてるのに、専門家の意見を無視するあなたはどんだけ偉いんですか~って話よ。関節のこと考えたことある?重たい身体を何十年と支えてきたら、そりゃあガタもきますって。根本原因がそこなんだったら「やせなさい」っていうしかないじゃないの。医者のせいにするのは厚かましいしみっともない。現実をみつめなさい。

薬の副作用ってのは私には経験がないから偉そうなことは言えないな。

うちのお母さん、腎臓と高血圧の薬を飲んでるうちに、副作用でみるみるうちにむくんじゃって。ずっとMサイズの下着を買ってたのに、車いすに乗ってた頃はLLサイズだったから。もちろんドカ食いなんてしてないよ。もう自分で買い物に行けないし、料理も作れないし、元々食欲は正常だった人だから、リミッターが外れた器械みたいな食べ方しなかったし。

メンタル系の薬にもそういう副作用があるらしいね。だから、病気や薬の副作用で体型が変わっちゃった人を、私はここで責めないよ。

衣服編

巨デブさんに向かってこう言いたい。限りある資源を大切にしろってーの。それでなくても普通の人よりも布がたくさん必要だってのに。ワンシーズンで着れなくなるなんてどんだけ地球に厳しいのよ。それからね、「やせるかもしれない」なんて言葉は、痩せてから言いなさい。仮に10キロ単位で痩せたとしても、その頃にはその服、流行遅れになってるって。まさか古くさーい服着て外歩くの?せっかく痩せたのにもったいない。どうせお金を使うなら、普通サイズの服売り場で、安くてもいいから堂々と新しい服を買いなさい。普通サイズの服。これがダイエッターにとっての最大のごほうび。チマいスイーツいっぱい買って、頑張った私にごほうび♪なんてやってるヒマがあるなら運動しなさい。

それからね。ブラのサイズがデカいのは、胸のせいじゃなくて背中の肉がすごいからよ。胸本体がデカいのも、ただ胸が太ってるだけだから。胸がデカくても腹にしわしわの線がくっきりしてて、腹の贅肉をボリボリ掻いてる女なんて、みっともないにも程があるわ

仕事編

職種や職場環境が違うから、ここは偉そうなことが書けないな。でもこれだけは言いたい。仕事を辞めて食えなくなるより、重い病気になって物理的に食えなくなる方がはるかに不幸だから。心が壊れたら夢も壊れるよ。

 

あなたの贅肉に怒りをぶつけろ

かつての自分にずっと言い聞かせてきたことを書きました。もしこれを読んでくれた人が気を悪くしたらごめんなさい。もし腹が立つことがいくつか出てきたら、それは多分図星の可能性が高いです。

その怒り、あなたの贅肉にぶつけて下さい。そして、すっきりした体型で、身も心も軽やかな人生を送って下さい。その願いを込めて記事を書きました。

特に、更年期前の女性に言いたい。人によっては体調や心が不安定になって、食事管理や運動が物理的に難しくなることもあります。今よりも代謝は落ちてます。生活習慣病のリスクを下げていた女性ホルモンが減るってことが何を意味するか、分かるよね?

どんな世代の人でも。要らないものは早く手放そう。すっきりと気持ちのいい人生を送ろうね。

私、少しだけど身体の機能が落ちてしまったから、なおさらそう思うんですよ。ダイエットしづらくなってるなって。効果が高いよと言われてもムリな運動があるし、脳血管腫のせいで料理は簡単なものしか作れない。元気でなくなるとダイエットは難しくなりますよ、マジで

それでも私は痩せられたので、その方法を書き残そうと決めました。45キロですが、外科手術で切除した訳じゃないです。特別な薬を使ってもいません。流行の●●ダイエットに飛びついたわけでもありません。でも、大学病院の専門医の先生が「内臓は健康になりました。もうダイエットは不要です」っておっしゃったので、身体を壊すことなく健康に痩せられたということでしょう。

自分の心をしっかりと見つめ、自分を好きになる努力をしたら、高いお金を払わなくても、脂肪はあなたの身体から少しずつなくなっていくはず。身体が健康な人なら。若い方ならなおのこと。

大丈夫。半世紀デブだった私が言うんだから、大丈夫。

にほんブログ村
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ 50代女性のダイエットへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村

0
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちいでる

●家族性多発性脳海綿状血管腫(脳幹・脊髄も含む)を持つ軽度障害者 ●両親が重度障害者の家庭で育ちました ●たとえ平坦じゃなかったとしても、人生は何とかなるもんですね!

-50歳からのダイエット

© 2020 ちいでる 家族性多発性脳海綿状血管腫と共に半世紀 Powered by AFFINGER5