50歳からの巨デブダイエット

50歳の巨デブが45kgダイエットに成功するまで【第3回】巨デブとコロナ

  こんにちは!

50歳からダイエットを始め、45キロの減量に成功した「ちいでる」です。

物心ついたころから巨デブ。ダイエットとリバウンドを何度繰り返したことか。

そんな私が45キロダイエットに成功した方法・プロセスを、全部書き残そうと思います。

 

この記事の内容

コロナが重症化しやすい基礎疾患の中に「肥満」が含まれているのをご存じでしょうか。
これから数記事にわたり、私がやったダイエット法について具体的に書いていきます。

 

第1回目の記事はこちらです。やせた証拠画像を貼っています。

50歳の巨デブが45kgダイエットに成功するまで【第1回】やせた証拠をお見せします!

続きを見る

 

肥満はコロナが重症化しやすい基礎疾患の1つ

コロナが重症化しやすい病気として「糖尿病などの基礎疾患」という表現をよく聞きますよね?

あなたは「など」に含まれる他の基礎疾患が何なのか、具体的にいくつご存じでしょうか。

 

WHOによると、基礎疾患に分類されるものは以下の状態を指すそうです。

基礎疾患と分類されるもの

  • 糖尿病
  • 慢性肺疾患
  • がん
  • 脳血管疾患
  • 心血管疾患
  • 免疫不全
  • 肥満

WHOのデータを引用して書かれた日本語の記事もあります。ニュース記事なので、削除されて見れなくなってしまわぬよう、ポイントをスクショしました。

記事を書いたのは、聖路加国際病院で感染管理室マネジャーをされている方です。

 

 

 

見栄えが悪いから、健康診断でうるさく注意されるから、という理由でダイエットを考えている人は多いと思うんですが、もっと深刻に考えたほうがよいのではないでしょうか。

 

巨デブ脱出の第一歩として私がやったこと

結論から書くと、ダイエットのスタート地点で私がやったことは以下の通りです。

  • ラジオ体操(注意点あり)
  • 食器の直径はこれまでと同じで、底が浅いものを選ぶ
  • 液体はノーカロリーのものを
  • パンではなく玄米を主食に
  • 必ず毎朝体重をはかる
  • 野菜から食べる
  • 食事も間食も就寝3時間前まで

 

ラジオ体操をする時の注意点

ダイエット運動=腹筋運動やジョギング、という考えはとりあえず捨てました。

運動習慣がない人間にとって、筋肉・関節・肺機能にかかる負荷が大きすぎるからです。身体を壊しかねません。

 

では私が何をしたかというと、ラジオ体操です。

ただし、以下の3点には気をつけました。

 

  • ジャンプするところは足踏み。飛ばない
  • 腰は無理にそらしたり回したりしない
  • スピードを落とす(息が切れない程度の速さから始める)

 

まずは身体を動かす習慣をつけることが大切です。

体育の授業が大嫌いだった人でも、ラジオ体操は身体が覚えていませんか?

新しいことを覚えるのは面倒。そういう点でもラジオ体操がオススメです。

 

 

食器の直径はこれまでと同じで、底が浅いものを選ぶ

器を小さくすると非常に物足りなさを感じてダイエットが辛くなります。

だから器の直径は変えないようにし、その代わりに底が浅い器を選びました。

食事をする時には器を上から見ていることがほとんどではないですか?なので、器の直径が小さくなるとすぐに分かるんです。

視覚をごまかすことは大事です。

 

液体はノーカロリーのものを

「このジュース1本あたり角砂糖が〇個分の糖分が!」という画像を見たことがあると思います。

角砂糖を一気飲みする人はまずいないですが、ジュースは一気に何口も飲めてしまうのが怖いところです。

液体物は食べ物と違って胃で数時間消化することなく身体の中に入っていきます。一気に飲むと胃が膨れて苦しくなりますが、消化が必要な食べ物と違い、少しずつ飲むなら胃の負担になりません。

結果、高カロリーのものを摂りすぎてしまいがちになります。

 

パンではなく玄米を主食に

パンだけでなく、穀物をすりつぶして作った粉(小麦粉など)を使った食品は止めました。具体的はパンやうどんなどです。

元々が粉なので消化が早く、すぐにお腹がすくからです。

そして、パンはふわふわと軽くて柔らかなので、どんどん食べられます。

一方で玄米は白米以上によく噛まないといけません。腹持ちもいいですよ。

 

しかし、玄米食に切り替えるのには色々ハードルがあるものです。たとえば・・・

  • 硬い(確かにそうです)
  • 甘くない(確かにそうです)

玄米ご飯に慣れてしまうと、白米がいかに柔らかくて甘いのかにびっくりします。

 

玄米ご飯の欠点を克服するのによい方法はないか?」と聞かれた時に私が勧めるのは、水を多めに入れて玄米モードで炊くことなんですが・・・

 

まだハードルが残っています。

「白米がいい!玄米ご飯は嫌い!」という家族の声です。

 

嫌がっている人に玄米ご飯を押し付けるのは可哀そうです。好き嫌いの問題だけじゃなく、胃腸や歯が悪い人は物理的に食べづらいですから・・・

 

どうすればいいか。・・・解決法は2つあります。

 

①1人分の玄米を美味しく炊ける小さい炊飯器を使う

家族用のご飯とは別に、自分専用に玄米を炊くんです。縦型のものなら場所をとりません。小さいので洗うのも楽です。

縦型炊飯器は他にもあるんですが、下が焦げついたり上がベチャベチャだったりするのでお勧めしてません。

 

②お米の糖分を減らして炊ける炊飯器を使う

「炊飯器を2つも使うのは面倒くさい!」「どうしても白米がいい!」という人に私が勧めているのはこれ。

糖分2割カットで白米を炊く機能がついています。

 

糖質を制限したいからとお米を食べないのはよくないです。おかずだけの食事にすると、米を食べない分おかずを食べ過ぎてしまうからです。

 

必ず毎朝体重をはかる

個人的にはこれが一番大事だと思ってます。

物事なんでもそうですが、問題を数値化することで現実を把握しやすくなります。ヤバさを実感しやすくなります。

ただし、よく言われることですが、停滞期は必ず何度も訪れるので、いちいち気にしないことが大事。

増えた時には「なぜ増えたんだろう?」と考えるのはよいことです。自分を責めるのではなく、原因を考えることに集中してくださいね。

 

私の場合は起床後トイレに行ってすぐに、全裸で体重測定をしていました。これを怠ると気が緩みます。

それに、巨デブが1キロ2キロ太ったって誤差。体感的には分からないんです。きちんと数字を見ないと分からないんです。

体重測定ってイヤな言葉ですよね?私も大嫌いです。でも本気でダイエットをしたいなら、体重計から目を背けちゃいけません。

闘いましょう、現実と。

 

野菜から食べる・食事は就寝3時間前に終わらせる

普通のダイエット法でも気をつけるべきポイントですね。巨デブダイエットでも同じです。

食事が夜中近くになる人も、食べる順番は自分の意志で決められます。野菜からいきましょう。

 

それから、夕食・夜食と一緒にお酒を飲む人も少なくないと思うので、飲酒方法についても少し。

酔うと理性のタガが外れて食べ過ぎてしまうので、お酒を飲むならご飯を食べてから。オススメしたいです。

お酒本来の味が楽しめるメリットがありますよ!そして、食材の味もよく分かるので、味わって食べようという気持ちになります。食べすぎ防止に効果的。

 

 

できることから始めて 少しずつ増やし 長期戦でやせましょう!

生活習慣を一気に変えるのは大変です。できそうなことから始めてみてはどうでしょうか?(ただし、体重測定だけはダイエット開始と同時に始めましょう

逆に、一気に生活習慣を変えることでダイエットモードになる人もいると思います(私はそうでした)。ご自身に合う方を選んでください。

 

私が目指したのは、お金を掛けないかわりに時間を掛けるダイエットです。

2年で45キロ。1か月あたり2キロ弱でいいんです。楽ですよ♪

結果を急ぐあまり、たとえば1か月で5キロも10キロもやせようとしないこと。キツいに決まってます。続きません。

 

新しい生活習慣を自分にとっての当たり前にするためにも、ゆっくり時間をかけてやせたほうがいいと思います。

特に中高年のダイエットは、身体に負荷を掛け過ぎてはダメです。身体を壊さないようにやせましょう!

0
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちいでる

家族性多発性脳海綿状血管腫(脳幹・脊髄も含む)を持つ軽度障害者。治療不可。大きめの出血を起こして命を奪われる前に、私が生きた半世紀の記録と経験を書き遺します。具体的には45キロやせたダイエット法・病気や障害をぶち抜いて幸せをつかんだ記録・意外と楽しい今の暮らし・ひとり旅バックパッカーの旅行記など。大阪出身。

-50歳からの巨デブダイエット

© 2021 + ちいでる + 家族性多発性脳海綿状血管腫と暮らす半世紀 Powered by AFFINGER5