モノ申すオカン 振り返る過去・考える今 雑感

【災害弱者が厳選】災害備品に加えるべき4種の食品

ad

あなたは巨大災害にどう備えておられますか

災害は怖い。準備したい。でも何をどれだけ備蓄すれば悩んでいる。そんな方もいるのではないでしょうか。

災害時の備えは少し身体が弱い人目線で考えることが必要です。なぜなら、家族全員が健康で災害を乗り切れるとは限らないからです。小さなお子さん、高齢者、闘病中の家族がいるならなおさらです。災害弱者になるリスクがあります。

私は軽度の身体障害者です住んでいるのはマンションの高層階。子供はいません。災害弱者になる確率は小さくないでしょう。

なので災害備品については本当に徹底的に調べました。

災害弱者にならないよう、軽度障害者の私がガチで選んだ災害備品をあなたにご紹介します。

お役に立てば幸いです。

 

災害備蓄食品はこの4ポイントで選べ

災害マニュアルのほとんどは健康な人の視点で書かれていますが、みんなが健康に被災するとは限りません。怪我をしたら身体のどこかが不自由になります。ある意味、軽度障害者と同じことが起こるでしょう。

身体のどこかを怪我した方、私と同じように軽い障害を持っている方、体力が衰えてきた高齢者の方にもオススメできる食品は何か。

私が災害備蓄用の食品を選ぶ基準はこの4点です。

  • 消費期限が5年(以上)あるので、買い替えが少なくて済む
  • 高価ではない
  • 飽きがこない
  • 避難所で配布される食品では摂りづらい栄養を含んでいる

 

ad

軽度障害者だからこそ分かる 災害時にあなたを救う食品4選

1年あたり30円!コスパ最高!15年保存できるミネラルウォーター「カムイワッカ麗水」

 

この水を選んだのには2つ理由があります。

ひとつめの理由は重たい水は怖いからです。今お元気なあなたにはピンとこないかも知れませんが、歳をとったり身体が不自由になったりすると身にしみて分かると思います。私はすでに利き手の握力が弱いので、重たいものを運ぶリスクを身をもって知っています。

運んでいる途中にうっかり足の上に落とすかもしれません。手をひねってねんざするかもしれません。ケガのリスクを減らすために交換回数を減らしたいんです。

ふたつめの理由は、消費期限切れのリスクを最小限にしたいからです

普段ペットボトルで水を飲まない人は、備蓄場所に置きっぱなしになりがちです。消費期限が切れる前に使いきるのは面倒ではありませんか?期限が切れて何年も経ってる・・・なんて人もいると思います。

でも、期限が何年も切れている水を飲む勇気がありますか?下痢を起こしたら大変ですよ。トイレ流れないのに。

以上の2点から、私が災害備蓄用に置いている水はこれです。

リンクを全部開いてみてください。ぶっちゃけ、どこから買っても1本あたり400円ちょっとします。

高い!と思いますか?とんでもないです。むしろ安いんですよ

たとえば1本450円の水を、5年で交換するとしましょうか。

450円÷5年=90円

90円ですよ!保存期限きっちりの15年で割るのなら1本たったの30円

コスパ最強・・・

しかも最長15年間、水のことを気にしなくてもいいんです。採水地は北海道虻田郡真狩村。自然豊かな北海道の大地がはぐくんだ湧水です。

 

野菜ジュース・スープはマストアイテム。被災中だからこそ栄養バランスを考えよう

水も大事ですが、栄養面を考えると野菜ジュースやスープの備蓄も必要です。定番の備蓄食品の多くが炭水化物メインだからです。たとえば、お湯を注げば食べられるラーメンやアルファ米、缶入りのパンやカンパン。

2~3日ならそれでもいいかもしれませんが、電気・ガス・水道が全部復旧するまで数十日掛かります。スーパーやコンビニで、野菜たっぷりの弁当やお惣菜が買えるまで何日掛かるでしょう。誰にも分かりません。

栄養バランスが崩れたら持病が悪化するかもしれません。風邪をひきやすくもなります。薬の備蓄をしている人は多いかもしれませんが、病気になってからでは遅いんです。被災からの復興は長期戦です。体力勝負です。

野菜ジュースにも野菜スープにもありますよ、長期保存が利くものが。しかも有名メーカー カゴメの製品です。

乾燥野菜も手軽でいいですよね。でも野菜ジュース・野菜スープならではのメリットがあります。栄養と水分の両方が摂れることです。

1日に必要な野菜が摂れるから、備蓄本数を決めやすいのも好ポイント。家族4人なら1日4本。備蓄したい日数を掛ければ、何本買っておけばいいか分かりますから。

スープはガスコンロで温めてもいいですが、レトルトパウチなら体温でほんのり温めることもできます、冬は寒いけど、夏はちょっとした保冷剤っぽくも使えそう。すぐ生温かくなるとは思うけどw

 

 

主食はお米がいいですよ!お腹がすきにくく、血糖値のあがり方がゆるやか

粉モノは消化が早いのでお腹がすきます。血糖値も急激に上がります。やはり主食はお米がいいと思います。お湯を入れれば食べられるアルファ米はありがたい♪飽きがこないよう、具のバリエーションが多いこんなセットがありますよ!好き嫌いがあるお子さんにもいいんじゃないでしょうか。

 

お菓子を食べると心が落ち着きますよね

お菓子があるとほっとしませんか?私のイチオシは「えいようかん」。ようかん味とチョコレート味の2つがあります。

小分けになっていて、1つあたりお茶碗1杯分のカロリーです。カロリー計算がしやすいのも嬉しいポイント。低血糖が心配な人にもいいですね。

お子さんがいる方は、ぐずった時などにちょっとしたお菓子があると助かるかもしれません。ようかん味が好みじゃなかったら、チョコレート味もあります。

入れ歯でカンパンは硬すぎます。まだ歯が十分生えてない子も食べられません。その点、歯ぐきでも噛めるし、舌で溶かしながらゆっくり食べられる「えいようかん」は優秀です。

原材料は砂糖・生あん・水あめ・寒天(ようかん味の方)。食品衛生法で対象とされるアレルギー物質は含まれていない安心お菓子です。リンク先で詳しい情報をチェックしてみてください。

 

「えいようかん」は 旅行にもオススメです

私は35年間ひとりで海外バックパッカーをやってきたんですが、空港や駅で缶詰めになった、食品が手に入らなかった、食堂レストランに入る時間がなかったってことが何度もありました。

その経験から、旅の手荷物に必ず「えいようかん」を2~3本入れてます。私は脳血管奇形があるので、血糖値が下がるとぼーっとして、余計に脳みその働きが悪くなっちゃうんです。

 

ad

備蓄用品が活躍する日は来ない方がいいけれど、備えは大事ですよね

これを書いているのは2019年9月。台風のせいで千葉県に甚大な被害が出た時期です

私は千葉県民のひとりで、かろうじて難をのがれた地域に住んでいます。でも台風があともう少し東京寄りだったら、今も私は水・電気がない中で暮らしていたことでしょう。ご存じのとおり、1週間経っても電気も水も復旧していない地域が県の半分以上あります。

大変な状況を伝えるニュースを見ながら、準備はいくらし過ぎてもし過ぎることはないと痛感しています。

軽度障害を持つ私は、災害準備マニュアルよりもずっと手厚く食品を備蓄しています。種類も厳選しました。多ければいいというもんじゃありません。家が狭くなるとケガの元です。自分の身体に合わせて分量や保管法も考え抜きました。

もし災害備品の食料に何を選ぶか悩んでいるなら

これらを取り入れてみてはいかがでしょう?みんな長期保存を前提に作られていますから、マメに災害備品のチェックができない人でも安心です。

最近は自然災害の規模が大きくなってきましたよね。首都直下地震なども心配です。被災者にならないに越したことはないですが、体力を落とさないよう、食品の備えはしっかりやっておかねばなりません

ご参考になれば嬉しいです!

 

気にいって下さったら ボタンを押して 教えてください!書き続けていく励みになります♪ご訪問 ありがとうございました!

 

にほんブログ村 病気ブログ 脳幹部海綿状血管腫へ
にほんブログ村


脳・神経・脊髄の病気ランキング


障がい者ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2+
ad
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

いめゆんな

多発性脳海綿状血管腫(家族性・脳幹部含む)を持つ軽度障害者です。与えられた身体や生活環境と折り合いをつけ、最大限の楽しみと幸せをつかみたい、と思いながら生きてきた半世紀を綴ってます。海外ひとり旅歴35年。京都大学卒。医学・医療系大学の講師です。

-モノ申すオカン, 振り返る過去・考える今, 雑感

Copyright© いめゆんな 半世紀を越えて , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.