ピンクの枠を押すと、同じカテゴリーの記事が全部表示されます!

血管腫と共存する私の生活記録

大脳・小脳・脳幹部・脊髄・背骨。既に無数と言っていいほどの出血痕があります。出血部位によって体に少しずつ症状が現れていますが、数が多すぎて手術不可。できるのは経過観察と、薬による身体症状の緩和。そんな血管腫と共に暮らす日々について書き残しています。

 

記事カテゴリー 

脳海綿状血管腫に関すること

私の家族には4人の海綿状血管腫患者がいます。病状も治療法も様々でした。治療の中で知り得たこと、自分なりに調べたことを、極力リンク付きでまとめています。

50歳からのダイエット

50歳からダイエットを決意。脳海綿状血管腫以外の病気を増やしたくないと思ったんです。2年かけて45キロの減量に成功。何をしたのか何を考えたのかを記録しておこうと思います。

 

健康管理と将来への備え

夫が先に亡くなったら私は障害者のひとり暮らし。子供はいません。だから将来の不安の種を少しでも減らすよう、健康やお金の管理と、防災準備は大切にしています。

 

35年間の旅を記録する

海外一人旅バックパッカーになったのは18歳。若い頃に場数をこなしたおかげで、軽度障害者の今も国内ならひとりで長期旅行が可能です。

 

ニュースや本への感想を書き残す

ニュースを聞き本を読んで、自分がどう感じたのかを書いているカテゴリーです。オピニオン記事ってやつですね。時事ネタを追いかけることは頭の機能を落とさないためにも大事かな、と思っています。

 

障害者と暮らし障害者として生きる

私の成育記録です。父は脳動静脈奇形、母は脳海綿状血管腫。どちらも重度身体障害者。世間の風当たりはとても強かった。劣悪な生活環境と差別の中で、人の道を外さず大人になるまでの記録です。

 

この記事も読んでみませんか

【スイートルーム】ザ・リッツ・カールトン・沖縄滞在記 2020年10月【GoToトラベル】

続きを見る

大丈夫。生きてるうちは死にません。楽しいことをして沢山笑いましょうw

続きを見る

50歳の巨デブが45kgダイエットに成功するまで【第1講】証拠画像を晒します

続きを見る

【必見】楽天ふるさと納税で最大30%のポイント還元を受ける方法

続きを見る

 

 

© 2020 ちいでる 家族性多発性脳海綿状血管腫と共に半世紀 Powered by AFFINGER5