日々の喜怒哀楽

昔の自分に向けて書くブログがあってもいいじゃないですか

ブログを書いている方。

あなたはなぜブログを書こうと思いましたか?

上手な人は、ブログを通して毎月何十万もの収入を得てたりするようですね。すごいな。ブログで生活してる人もいるみたいだし。

私にはそんな力はないなきっと(笑)

でも、少しでもいいから誰かに読んでほしいから、ちょっとでも検索順位は上の方がいいな。お金どうこうよりも、誰かに読んでほしい。「そうだよね、そうなんだよ~」と思ってくれる人。「こういう生き方をした人達がいるんだね」と受け止めてくれる人。そんな人の目に留まって欲しいです。

難病だと言われている脳血管疾患を家族全員が持っていた私が、この半世紀に経験したことを書き残しておきたいんです色々と。私が文字を打てるうちに。文章を組み立てる力が残っているうちに。

私達家族が持っている多発性脳海綿状血管腫というのは、個人ブログがそんなに多くないみたいです。そして、血管腫がある場所によって、出てくる症状も様々。その点、我が家は経験豊富です。母も弟も私も海綿状血管腫を持ち、それぞれ違う症状を抱えてましたから。遺伝性ですからね。出血率が高いんですよ。年間16.2%と書かれているお医者さんのサイトがあります。

私の生い立ちも書いています。父が脳動静脈奇形で開頭手術をして障害者になったのは、私が6歳の時。やがて母まで障害者になってしまいます。原因は、多発性海綿状血管腫からの大出血でした。いずれ私もそうなるかもしれない。こういう家庭で生まれ育った子供がどんな経験をして大人になったのか。脳出血を起こす前に、それも記録しておこうと思いました。

私はひとりで旅を始めたのは18歳、大学に入った年です。決めてたんです。大学生になったら海外を見てこようと。障害者の娘という世間の色眼鏡がないところに行けば、自分がどんな人間なのかが分かる気がして。

そして、45キロも落としたダイエットのことも書いてます。

両親も弟も普通の体型なのに、なぜ私だけこんなに太ったのか。今更こんな歳になって、成育環境のせいにするのは筋違いなんですが、心が満たされてなかったのでしょう。

物心ついた頃には父は頻繁にてんかん発作を起こし、その姿を見ながら育ち、母はその対応に追われてました。私は一番上の子供として毅然と生きなければいけない、親を助けるくらいの勢いで生きなきゃいけない、親の前では絶対に泣いてはいけない、そう思って大きくなりました。いびつですよね。それが食べ物への執着を強めたんじゃないかと思っています。

障害者・ダイエット・ひとり旅。このブログの柱は、一見なんのつながりもないものばかりに見えますよね。でも、私の中では全部つながっているんです。私が生きていく中で避けて通れなかったもののベスト3なんです。

お金を儲けるブログは、自分視点じゃなく読み手視点で書け、とよく言われます。でもあえて私は、幼かった頃や若かった頃の自分に宛ててブログを書いています。

私は伝えたいんです。数十年前の自分に伝えたいんです。それが誰かのお役に立つなら嬉しいなと思いつつ。

「よくがんばって生きてるね。つらいよね。ごかいされることも多いよね。本当のおまえはそんな子じゃないって、私はよく分かってるよ、私はしょうらいのお前だから。ひとつだけおやくそくしよう。どれだけ悲しいことがあっても、命をすてることだけはしちゃいけないよ。お前のみらいには幸せが待っている。本人が言うんだからしんじなさい。なんとかたえて。なんとか生きぬいて」

「子供らしくないって通知表に書かれたり三者面談で言われたりするよね。生意気なデブだ、とののしる人もいるよね。でもそれ、お前が悪いんじゃないから。

あの環境でふにゃ~っと生きてたら潰されるもの。子供らしくないと言った先生は、人生の経験が浅くて、幸せな環境で育ったんだよ。あの時代に4年制大学に行ったぐらいだから、家庭環境はまあまあだったんだろう。

お前のことを理解できる度量はないんじゃない?お前の方が大人かもしれんね(笑)生意気だと言い放った人もそう。事情を知りもしないで勝手なことを言ってるだけ。ばーかwって笑ってたらいいよ。顔に出さないようにして」

「勉強ばっかりしてると嫁の貰い手がないって、もっともらしいことを言ってくる人もいるでしょ?あんなのも全無視でOK。今は女の子も普通に四年制大学に行く時代になってるよ。ふつーふつー。堂々と勉強してればいいからね。

それに、勉強ができて身体がデカいお前も、ちゃんと結婚してるから。お前の生意気さを笑ってかわせる男だよ。お前があの環境で大学に行ったこと、そして自分よりも勉強ができる娘だったことを心から賞賛してくれるから、安心して勉強しなさい。自分より劣ってる女が好きな男なんてバカだからやめとけw」

もしこのブログを検索で見つけてくれた人は、ダイエットか脳血管奇形がキーワードになってそうな気がします。同じ身体の悩みで苦しんでる人から、カネをせしめてやろうなんて思わないです。このサイトで商品を紹介するとしたら、私が実際に使って効果があった・便利だった・生活が楽になった・気持ちが晴れた・・そんなものだけです。

ブログの仕様で、「2週間で10キロ痩せるお茶」とかの自動広告がでることがあるんですけど、私自身はオススメしません。王道ダイエットが一番いいですよ、ダイエットに魔法なんてないです。

どんな人生を歩んできたにせよ、私もあなたもここまで生きてきました。もし私と同じように人生半世紀前後の方がいたら。可能な限りでいいです。心の無意識エリアに押しこんだままになってる、苦しい記憶をそっと掘り起こして解放してあげませんか?長年辛い思いをしてきた自分を慰めてあげましょうよ。もう50年です。次の50年は、もうそんなことができる程の体力気力は多分ないと思うから。

そして、環境や体調が許す範囲でもいいじゃないですか。幸せに生きていきましょう、お互いに。

ツイッター( @imeyun_kana ) で更新情報をツイートしています。

記事のリツイ・シェアなどは、以下のボタンをご利用ください♪

3+
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちいでる

●家族性多発性脳海綿状血管腫(脳幹・脊髄も含む)を持つ軽度障害者 ●両親が重度障害者の家庭で育ちました ●たとえ平坦じゃなかったとしても、人生は何とかなるもんですね!

-日々の喜怒哀楽

© 2020  家族性多発性脳海綿状血管腫 と共に半世紀 Powered by AFFINGER5