ポイントを貯めてお得な暮らし

こころ豊かに暮らすには 時には色々考える 脳海綿状血管腫って何? 障害者家庭で育った私

宗教と闘病生活の適切な距離感について

この記事は殴り書きだ。そのうち消すかもしれない。

あるいは後日、もう少し毒気を抜いた表現に書き換えるかもしれない。

特定の宗教団体にケチをつけたいわけじゃない。

自分の大事な人がもしその宗教を信仰しているのなら全力で尊重する。

人の心をえぐるような勧誘をされたことが大きなトラウマになっているだけだ。

当時の私は若かったのですごく堪えた。

病気をしていると、時々宗教の勧誘らしきアプローチを経験する。これを読んでいる病気の方、あなたはどうだろう。

 

両親とも障害者だった私は、両親が新興宗教の信者や霊媒師のような人と接触しているのをみてきた。

 

親が死んだ時は、某宗教の信者である母の異母姉妹や従妹にあたる人達が、葬式から日が浅い私に向かって

 

「あなたが信心深くなかったから両親は早死にしたんだ。今からでもいいから入信しなさい」

 

と繰り返し電話を掛けてきたものだ。

そのくせ自分たちは生活費に窮しており、あろうことか生前の母の貯金から200万円を借りていた。障害年金から少しずつ貯めた大切なカネだ。

やがて返済期限が来た時、いきなりミカン箱が届いた。中に入ってた手紙の中身はこうだ。

 

あなたたちの幼少期、お父さんが脳の手術でお母さんは病院につきっきりだったわよね。

自分たちだけで暮らせないあなたたちを預かって育てたのは私。恩を返しなさい。200万円は感謝のためによこしなさい。

 

なに言ってんだこのババア。頭に湧いた虫が腐って脳が溶けてんじゃねえのか。

育てたとか偉そうにいうな。

不倫してる男と同棲し、男は酒が入ると暴力をふるい、とうとう私だけを家から追い出し、残った弟にはろくに食事を与えず、帰ってきた弟の乳歯は全部真っ黒だったじゃないか。

程なくして家に聖教新聞が届いた。もちろん私が申し込むはずなどない。

販売店に問い合わせたら、そのババアが無断で我が家名義で申し込み、しかも代金は私持ちになってることが分かった。

 

数日前に届いたミカンを宅急便で突っ返してやったら逆ギレしやがった。

ここで泣いたら負けだ。ガキだと思ってナメんじゃねえぞクソババア。

 

私は借用証書を持っている。私達を預けた時に母がお金を渡していたことも私は覚えている。

あなたがするべきことは、母が障害年金からコツコツ貯めた200万を返済するためにしっかり働くことだ。

私への文句はカネを返してからにしろ。それがイヤなら、出るところに出て、きっちりカタをつけてやろうじゃないか

 

ぎゃーぎゃーわめいてたけど知るか。悪いのはアンタだ。

とりま、貸したカネ返せよ。偉そうに言うのはそれからだ。

そのババアが死んだとき、ウルフルズの「借金大王」って曲を流してやろうと半分マジで考えてたほど、若い日の私は怒りに震えていた。

碌に働きもしないモンが、障害年金から借金をして、偉そうに踏み倒すとは何事か。働けや。

「財務」とか訳の分からんことに我が家の障害年金を流用してんじゃねえよ。返せコラ。

宗教団体に寄付したいなら、オノレの元気な身体で稼いだカネでやらんかい。

はっきり言う。

 

人の足元を見て、信者獲得のノルマ達成のために近づいてくることを信者に許す宗教は本当の宗教じゃない。

弱者をターゲットにした悪徳ビジネスとどう違うってんだ。

集団でつるんで祈ったりしなくても神との対話はできる。

神の声を聴くためには、研ぎ澄まされた神経と静寂が必要だ。

だから、自分の心の中にある神としっかり対話する為には、信者同士の交流はむしろ邪魔。

信者同士の人間関係のもつれなど論外。

これまでの人間関係を破壊するような宗教などまっぴらごめんだ。

信者獲得合戦や寄付集めに奔走する時間があるのなら、自分の心にピタッとはまる良質な本を探すために読書をするのがいい。

両親を立て続けに亡くし、心から血を流している娘をつかまえて、恫喝に近い勧誘をカマしたあなた方。私は今でもあなたたちを許さない。

心の平安を与えるのが宗教なのではないのか?

あなたたちの言葉は、「あんたの為に言ってるのよ」という、もっともらしいベールに包んだ言葉の石つぶてだ。

 

「宗教」に足元を見られるほど私は弱く可哀そうな人間じゃない。そんな値踏みをする奴は許さないからな。

もう一回言うぞ。

 

神との対話は1対1。お金は要らない。耳を澄ませて静かな心でじっとしていればいいだけだ。

対話をするには、自分の想いを言語化する必要がある。これこそが宗教の本質。

 

抱えている問題を言語化することによって、自分で自分を客観視する余裕が生まれる。

余裕を得た心は少しずつ冷静さを取り戻し、落ち着いて物事を考えることが可能になってくるものだ。

 

宗教や神という存在は、自己対話による問題解決の媒体に過ぎない。

 

だから無理やり他人を引きずり込む必要などない。

むしろ第三者の存在は邪魔だ。

悲惨だと言われる成育歴で半世紀生きてきた私の中には、ちゃんと自分が育ててきた神がいる。

でなきゃ真っ当な人間としてここまで生きてこれなかったという自負がある。

ナメんじゃねえ。私がどんな苦労をして大きくなったと思ってんだ。

 

ここから先は追記だ

生死の境をさまよい、手術後の過酷な副作用と後遺症に翻弄され、自由とは言えない身体で生きてきた、私にとって大切な元同級生が、切ないことに聖教新聞の記事になっていた。

記事の様子から、寿命に深刻な影響を与えていることを確信していたので、重篤な症状で意識がなくなってしまわないうちに見つけたかった。

この人の見舞いだけはしないといけない。手を尽くして探そうと決めた。

公明党に連絡し、学会員の友人に頼んで、取材した記者をやっと探し当ててもらった。

よかった。まだ生きている。電話での声は元気そうだ。昔の面影は声にしっかり残っている。話し方も変わらない。仕事もしているみたいだ。よかった。思っていたよりもこの人は元気だ。

しかし、再会を喜んだ心の片隅で私はおびえていた。

勧誘されるかもしれない。この人から勧誘されたら、昔の純粋な思い出は全部黒歴史になる

 

それでも心の声は消えない。

 

死ぬんじゃない。早すぎる。生きてくれ。なるべく苦しみが軽くて済むように。子供の頃の私に世の中の光を見せてくれたあなたに私は感謝をしたい。色恋抜きで。人間として。私はあなたに長生きしてほしい。

今、その人とメールでやり取りをしている。

失礼だとは分かりつつ、住所などが特定されかねない質問ははぐらかしてきた。

借金を踏み倒されそうになった時の恐怖、葬式後に「親の早死にはオマエのせいだ」となじられた悔しさ。

この人はそんな酷いことはしない。無断で聖教新聞を投函させるマネなどしない。分かっている。分かっているけれど、心の傷がまだ疼いて辛いんだ。

先ほど届いたメールにこう書いてあった。

 

あなたの中にいる神を尊重する。私の長生きを願ってくれるのと同じくらい、あるいはそれ以上に、あなたには幸せになってもらいたい

 

あなたの幸せのためにお題目を唱えさせてくれ。そしてあなた自身の幸せのために、お題目を唱えてみないか

 

カネを踏み倒したババア。親の葬式から間もない娘を責めて入信させようとしたババア。あれは叩き潰していい。当然だ。

でも、この人を通して、あんな汚いやりとりを思い出したくない。そして私は、子供の頃に、この人を通して見た美しい世界をこれからも大切に守りたい。覚えておきたい。

たとえそれが、もう何十年も前に過ぎ去った過去だったとしても。

【お礼】私が言葉を忘れる前に伝えたい。13歳のあなたを通して見た世界は美しかった

障害者家庭で生まれ育った私の人生にも、ときどき幸せな時が流れていった。   脳海綿状血管腫をたくさん持つ私は、いつか突然 言葉を失ってしまうかもしれない。身体が動かなくなるかもしれない。命を ...

私はこの人が聡明で理性的で、物事をよく考える子だったとよく知っている。

目先のチマい利益のために言ってるんじゃないと分かっている。

唱えることが私の幸せになると、きっと心から信じて勧めてくれているんだろう。

分かってるよ。

どう返事を打つべきか。

 

「分かった。すごいんだね!私も唱えてみるよ♪」

こう打つことは簡単だ。そうすれば波風は立たない。でも、それは誠意に欠ける行為だと思わずにはいられない。

要領の悪い愚直なヤツだ。

一か八か。人間関係が崩れるかもしれない。もう二度と連絡を取り合うことができなくなるかもしれない。

でも、敢えてこう返信しようと思う。

 

学会員であるあなたの信仰を尊重する。何度もあなたの命をつないだ生命力の源は信仰心だ。その一点において、私はその宗教に心から感謝する。

そして、私の健康を祈ってくれるあなたが唱えるお題目は、心からありがたく受け止めたい。

けれど私は、自分が信じるものをこれからも信じ続ける。 私は自分の言葉で祈りつづけたい。その言葉はお題目ではないかも知れない。

それでもなお、私はあなたの長生きを心から願う。幸せを少しでもたくさん拾い、あなたが望む寿命がくるまで命をつないでほしい。

 

愚直と笑われようと、私なりの方法で祈りつづけたい。

その代わり、表面的に同調して後ろで舌を出すような卑怯なことはしない。

子供のころから生意気で女らしくなくて可愛げのない私のまんまなんだよ、ごめんよ。

まあ、若いときは「この野郎なんてことをしやがるんだ」と思ったことはある。

若さには愚かさがつきもの。お互い様だ。今となっては笑い話。

でも私は、人間としてのあなたをこれからも大切にしたい。

伝わるだろうと信じている。そう願いたい。あなたは知的で理性的な人間だ。

私はあなたに嘘はつかない。重いと言われようとも。頑迷だと言われようとも。

弱みに付け込んでくる偽りの優しさと、相手の幸せだけを心から祈っている優しさ。

この二つの違いを峻別できる理性と強さが欲しいと思う。

6+
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちーでる

多発性脳海綿状血管腫(家族性・脳幹部含む)を持つ軽度障害者です。与えられた身体や生活環境と折り合いをつけ、最大限の楽しみと幸せをつかみたい、と思いながら生きてきた半世紀を綴ってます。海外ひとり旅歴35年。京都大学卒。医学・医療系大学の講師をしてきましたが、新しい暮らしをしてみたくて退職しました。これからの人生を少しでも楽しいものにしたいです。

-こころ豊かに暮らすには, 時には色々考える, 脳海綿状血管腫って何?, 障害者家庭で育った私

Copyright© *ちーでる* は脳海綿状血管腫と共に半世紀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.